2017年07月17日

こんなの作ってみた!

 夏祭りの季節がやってきた。
夏休みで帰ってきたお嬢は、久々の友人たちとの再会に大忙しである。
さらには、台湾で人気爆発!日本の浴衣のおかげで、お嬢の浴衣は年がら年中着用されている。
なので…
貧乏暇なしのKAZUおばさんは、お嬢の浴衣用のかごバッグも手作りする。
17アトリエKAZ_01かごバッグ01.jpg 材料はいたってシンプル。
かごそのものは、ゼリーが入っていたお土産のかご。
100均で買ったちりめんと江戸組紐。
総額400円程度かな?
お土産の入っていたかごは、さすがに強度としては少し不安があり、ニス掛けして組紐で底から支えられるように回してみた。


以前にも、お嬢の友人の分も数個同じ手法で製作したが、そのときよりも少し手を加えてみた。
17アトリエKAZ_02かごバッグ02.jpg 江戸組紐の持ち手の部分に別立ての組紐を合わせて、アジア結びの技法で編みこんでみた。
スマホを入れたりと、最近は荷物の重みが結構な量になるお嬢には、手に当たる部分の強度も必要かと…
さらに、銀系の組紐をベースにしたので、汗をかく季節にはしみになってしまうことも考えて、濃い赤の紐を被せてみた。

時間がたっぷりあれば、こんなことだけして暮らしていたいところだが…
いかんせんあれやこれやと、なんか時間が足りない感MAXの日々。
今回の製作は、ちょこっと息抜きのできるいい作業だった。
posted by KAZUおばさん at 23:03| Comment(2) | KAZUおばさんつれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
母の手づくりは、きっと姫も喜んでいるかと思います。私も、何か作って送ります…っていつになるやらですが、気長にお待ちくださいませ
Posted by chiyo_kobe at 2017年07月18日 16:44
chiyo_kobe 様
ご来場ありがとうございます。
手作り大好きな母に似てか、最近は自分でもレジンにはまっているお嬢です。
大学のハンドメイドマーケットなんかで、結構な稼ぎになるらしいですよ。
お嬢が小さい頃は、服も何もかもほとんど私が作ってましたね〜
それも貧乏人の知恵!
父さんのお古からリフォームしたりしてね。
今はもう懐かしい思い出です。
近頃は、最新流行を追っかける世代になってしまって、あのスタイルは作り出せませんね。
こんな和風小物ぐらいしか、私の出番はなくなりました。
Posted by KAZU at 2017年07月19日 15:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。