2010年01月16日

救世主現る?!

寒中お見舞い申し上げます


 ここ数日、全国的に寒い日が続いていた。
ニュースにもなるほど、信越地区では4年ぶりの大雪に見舞われ、列車や高速道路の運行に支障をきたしている。
昨日まで、信越線も上信越自動車道も妙高から北側が不通となっていた。
ここ信濃町でも、1日に1mを超える積雪の日が数日あった。
幸いといってもいいのか、お客様が少なく、駐車場の確保が難しくなかった分、我が家は楽だったかもしれない。但し、1日に数回も出動を強要されるYOSHIは、少々くたびれ気味だ。
 今朝も、目覚めると60cmを超える積雪。玄関の階段はすっかり埋もれてどこにあるかも解らない。
除雪機は家の周りをせっせと除雪する。
車の上にも1m近い雪が…

10除雪_02.jpg10除雪_03.jpg

そこへ、演劇地響きを立てて、颯爽と登場したのが、我らが救世主exclamation×2

10除雪_01.jpg
信濃町のロータリー車だぁ〜ハートたち(複数ハート)
オペレーターは、自称「信濃町のジョージ・クルーニー」Aさんである。
毎年、このロータリー車のオペレーターさんにはお世話になっている。
我が家のように道路を隔てて向こう側へ雪を飛ばそうと思うと、当然向こう側には雪の山が出来る。
今年は早くも3mを越える山が聳え立ち、雪を飛ばしても壁に当たって道路側へ落ちてしまう。
その壁を崩していってくれるのがこのロータリー車である。もちろんそこへは道路を除雪するブルも雪を押し付けていくのだが、おかげで近隣の住民もこうして雪をおくことができるのだ。
おまけに、階段やテラスなどの雪は手で運び続けているのだが、この時とばかりは一気に道路脇まで飛ばしておけば、あっという間に電線を越えて林の中へ飛ばしてくれる。
 現在のオペレーターAさんは、一昨年から保護者会でもお世話になっている。
彼とは、もう何年も除雪現場では顔を合わせていたのだが、昨年の春になって学校で「もしかしてライジングの前に住んでる?」って聞かれてしまった。
「え〜、今頃〜失恋」トンと気がついていなかったらしい。
まあ、除雪姿だと、ほとんど顔が見えてないもんなぁ…
それ以来、前を通るときは必ず車を止めて挨拶をしていってくれる。
今日は、歯医者で歯を抜かれてとってもブルーな仕事なんだとか…
かわいそうなので、元気が出るように応援るんるんしてあげると、笑顔で去っていった。
お正月もなく働くオペレーターさん、本当にご苦労様exclamation×2

 その後も、除雪作業は続く。

10除雪_04.jpg玄関脇に作っているスロープは、両脇の壁が高くなり、いつもとは風景が違っている。


10除雪_05.jpg裏庭は、屋根の雪が落ちるため、人の背を超える積雪となった。
少しずつ崩しながら、雪を飛ばしていく。
やねにはまだ雪が残っているため、上を気にしつつの作業である。
やがて開通…本当にお疲れ様〜

posted by KAZUおばさん at 17:49| Comment(4) | KAZUおばさんつれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

新年明けましておめでとうございます


10新年大雪_01.jpg

 年末から急激に降り始めた雪は、一日で1mを越す量となり、除雪も追いつかなくなるほどの勢いでずんずん…
時折、小康状態になるものの結局正月3日まで降り続き、やっと青空が見えたのが今日晴れ
スキー場関係者の方からは「初日の出だねぇ〜わーい(嬉しい顔)」と声をかけられ、「まさしくexclamation×2」と、思ってしまった。
さて、皆さんのお正月はいかがっだたのでしょう?
と、ブログ巡回してみんなの忙しそうな様子を見てきた。

さてと…
それでは、我が家の様子はexclamation&question

10新年大雪_02.jpg庭の木々は綿帽子状態。タニウツギの枯れ枝にたっぷり積もった雪。陽の光にキラキラと輝いていた。


10新年大雪_03.jpg上を見上げれば、ガマズミの実を食べに小鳥たちが集まっている。ひとしきり眺めていて、そうだ写真…
結局、鳥の姿は撮りそびれた。


10新年大雪_04.jpg雪をどけるために必要な道具たち。
玄関先に並べられて、いつでも出動態勢である。
毎朝、玄関先の雪をかくのは私の仕事。もっぱら階段は雪はねで… 階段下へ着いたらスノーダンプに持ち替えて作業する。
そして、もうひとつひらめき
除雪の強い見方。


10新年大雪_05.jpg私専用の長靴。
なんと、ソールには金属スパイクが埋め込まれている。多少の氷にもがっちり刺さって滑ることなく作業が出来る。(夏場はコンクリートの上で滑って怖いのだが…)
これがあれば、前の坂道だって走れてしまうのだ。(以前、へたくそな除雪ブルドーザーを走って追っかけていけたのもこれのおかげだ。)
今シーズンも頑張って除雪に役立ってもらおう手(チョキ)

さて…
この年末年始、お客様は少なくてのんびりのはずだったんだが、この大雪のおかげで思ったようなパターンでは活動できなかった。

のんびりゲームのはずが、除雪に追われて新作ゲームに着手は出来ず。
さらには、1月1日に除雪機が壊れて大騒動がく〜(落胆した顔)修理してくれる店は当然開いておらず、電話魔と化してやっと見つけたのは、小さな自転車店。
そこで、壊れた部品の代替品となる商品を購入。
親切な店のおじさんは、休みなのに除雪して店を開けて待ってくれていた。おまけに、代用品だとどうなるかを実践して、注意点を指示してくれた。
なんていい人なんだ〜もうやだ〜(悲しい顔)
こういう人にめぐり合うと、田舎暮らしの良さを改めて実感する。黒ハート
この除雪機故障騒動で、一番当たり(?)くじをを引いてしまったのが幻妖斉氏だ。
作男は冬でも活躍するぴかぴか(新しい)を実践していただいた。
修理作業を手伝い、部品購入に出かけた間、駐車場のスペースを人力で除雪し続けてくださった。
これは、雪国に暮らす私たちでもかなりハード…
これには、心から感謝の意を表さねばならない。
「本当にありがとうございましたm(_ _)m」

今日の晴れ間にほっと一息…


続きを読む
posted by KAZUおばさん at 21:24| Comment(7) | KAZUおばさんつれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする